2つ目は近鉄のある上層部の人(以下A氏)の考えが大きいと考えています。
A氏は伊勢志摩支社長に就任後、志摩にいっぱい投資をしてきた。
ホテル・レジャー事業本部長になっても投資を続けた。
志摩のためには何かしらの犠牲もいとわなかった(下の表参照)。そして今は結構なお偉いさんになっています。
FullSizeRender


志摩スペイン村は数々の犠牲のもとに成り立っています。あやめ池遊園や近鉄劇場、そして近鉄バファローズ。A氏はそれらを批判を受けながらも率先して閉鎖させたり売却したりしたのに、「志摩の延命のためにそれらを売ったり、志摩に投資したりしたけど、もうダメなので志摩スペイン村を閉鎖します。私がやった志摩(特にスペイン村)への投資は無駄でした。」と本人が言えるのかどうか。これが近鉄が志摩スペイン村を手放さない2つ目のワケであると考えています。

これからは近鉄を取り巻く環境は徐々に厳しくなっていきます。
テーマパークの開業やリニューアル、2025年大阪・関西万博(スペイン村は2005年愛・地球博に客を奪われそのまま減少したことがある)
そしてリニア名古屋〜品川の開業による新幹線名古屋〜新大阪の強化。


近鉄はこれからこのような環境の変化にどのように対応していくか

これが近鉄の未来の課題であり、それをクリアすれば、近鉄がこれからも末永く愛され使われる鉄道会社になると考えています。

財務状況編からの続きです。
何故みさき公園より来場者数の落ち込みが酷いスペイン村を手放さないのか?
それには2つの理由があります。
1つ目は他の用途への転用がしづらい点にあります。
まず下の表をご覧下さい
FullSizeRender
この表から分かるように、近鉄が今まで閉鎖したところは大体が他の用途で転用されています。

じゃあ志摩も売って他の用途に転用すれば良いのでは?

と考えた方もいるかと思いますが、それはできません。(厳密に言うとしづらい)

伊勢志摩は環境省によって国立公園に指定されています。国立公園内での建物の建設に関しては非常に厳しく審査されます(用途やどんな建物を建てるかなど)。しかも名古屋から2時間、大阪から2時間20分ということもあって住宅地、商業施設に転用しても儲からないということから志摩はそのままにしているのだと考えています。

2つ目は次の記事で紹介したいと思います。

近鉄とは…

関西地方と東海地方に路線を持つ日本最大の私鉄で、ホテルやレジャー事業や不動産事業など様々な事業を手がけている鉄道会社です。

近鉄の財務状況を簡単に言うと…
悪い状態です。

2018年度
借金1兆500億(利子付き)
自己資本 約3800億
資本の2.5倍以上という状態です。

何故こうなってしまったのか?
いくつか原因はありますが、その1つとして考えられるのは

バブル期に行き過ぎた投資をしてしまったこと(主に志摩リゾート化計画関連への投資)

です。

近鉄は「行き過ぎた投資したからこんな状態に…」とは言っていませんが、1991年のバブル崩壊後の近鉄の新車投入の様子が変わっているのが下記で分かります。(崩壊の28年と崩壊の28年を比較)

1963年〜1991年 1753両製造(特急・一般車)
1991年 バブル崩壊
1991年〜2019年 718両製造(特急・一般車 ※ひのとりも含む)
1000両も製造車両数が減っている原因は新線関連の投資などいろいろありますが言えるのは

バブル期に近鉄は行き過ぎた投資を行い、バブル崩壊は近鉄にダメージを与えた

ということです。

そして志摩リゾート化計画の中核を成す志摩スペイン村は来場者が激減しています。(1994年(開業時)375万人→2017年 約120万人)
にもかかわらず事業縮小や閉園をしないのは何故なのか…次回説明します。





↑このページのトップヘ